ネット上で有名な「地下型の巣箱」を個人的にアクリルで作ってみました。

「ドワーフ系適応サイズ」

●本体:黒ツヤ消し5ミリ厚
    サイズ:320×240×H65ミリ

●蓋 :透明2ミリ厚×1枚

●部屋 :5部屋

制作コスト ¥8,100
黒なので見えづらいですね。→

<アクリル製での利点?>

 私自身、ハムちゃん 飼育の初心者なので習性等を理解していきながら
行き当たりバッタリなのですが、まず私は『洗浄』を重点に置きました。
 ショップ店員さんには「ストレス解消の(かじる)ための木の作り物」を入れて。
と、言われましたので木の小屋を入れました・・・が、おしっこの掃除が私はまず大変でした。
 消臭スプレーをシュ〜〜っといきたいところでした。がたぶん良くないですよね。

そのために私は、ネット上で有名な「地下型の巣箱」を気軽に洗えるアクリルで作ってみました。

 私のイメージ先行なのですが暗いほうが良いと思いアクリルを「黒色」にし、
反射や傷防止のため「つや消しアクリル」にしてみました。

ただ販売するにはちょっと課題がありますね。。
・木に比べてコストが高い。(かじり破損回避&洗浄可 を考えてもやや高額かな。)

ちょっと神経質な我が家のサファイヤブルーの『ゆずくん』に使わせてみます。
(ただ、我が家のケージ(A型5ミリ厚)の底に、後から穴を開けるのが大変だぁ〜)

ゆず くん ♂



よろしく〜〜!!






アクリめいとのトップページへ戻る